top of page
武蔵小杉病院新病院_南東.jpg

令和元年度 第2回 武蔵小杉総合連携カンファレンス



5月28日に、当科主催の武蔵小杉総合連携カンファレンスが開催されました。今回のカンファレンスでは、令和元年度5月から当院循環器内科部長として着任された丸山 光紀先生と細川 雄亮先生からご講演を賜りました。


最初のセッションでは、細川先生が、重症心筋梗塞の患者さんに対する集学的治療について前任の日本医大付属病院集中治療室での経験を交えながら詳しく説明してくださいました。特に国内に導入されたばかりのimpellaの使用経験についてはご参加の先生方からも熱心な質問が寄せられました。


また、丸山先生からは、日常診療に有用なつ不整脈治療のご講演をいただきました。大変わかりやすい内容に講演後の懇親会でも大変好評でした。丸山先生は当院での不整脈診療の立ち上げのために赴任され、今後川崎地区の不整脈診療に貢献されることが期待されています。


最後に、このカンファレンスのClosing Remarksをいただいた武井 裕先生、座長をお務めていただいた山本英世先生にも、心から感謝申し上げます。

Comentários


bottom of page