ポストコロナに向けて海外渡航が動き始めました!ー渡航外来のご案内

更新日:6月30日

ヨーロッパでは世情が落ち着かない状況ですが、それでもCOVID-19 ウイルス感染が沈静化し始めた地域に向けて、徐々に海外渡航が再開されています。

ポスト・コロナ時代は、ビジネスにおいても観光においても、これまで以上に、感染対策が求められます。感染症予防のため必要なワクチン接種は、是非お勧めします。当院では、海外渡航の方のために、渡航外来を設置し、安全な渡航のためのお手伝いを行っております。渡航のためのワクチンは渡航の3か月-6か月前から準備しないと完了できません。まだ、先のこととお考えでも夏・秋に間に合わせるのであれば、春からの準備をお勧めします。特に、コロナ・ウイルス感染症蔓延前は品薄だった「狂犬病ワクチン」が、今ならすぐに接種が可能です。東南アジア地域はいまだ公衆衛生面での狂犬病対策は十分でない国も少なくありません。観光旅行でも犬に噛まれて慌てて現地の医療機関で処置を必要としたケースもあります。東南アジア地域等にご旅行の予定がある方は、今のうちに予防接種をお受けになることをお勧めいたします。 また、当院ではビジネス渡航のためのPCR検査と英文証明書の発行も行っております。受け取りは、関連施設である成田国際空港PCRセンターでの受け取りも可能です。是非、ご利用ください。 

 


閲覧数:30回0件のコメント