​専門研修
​内科・総合診療

当院では日本専門医機構に認定された内科専門医・総合診療専門医のプログラムを提供しています。武蔵小杉病院の各診療科と周辺医療機関が協力してできた魅力的なプログラムです。
​是非、奮ってご応募ください!お待ちしています。

17917509563216863_edited.jpg

専門研修プログラム

Doctor with Computer

日本医科大学武蔵小杉病院 

総合診療専門医研修プログラム

当科は大学病院という性質上、医学部学生や初期臨床研修医、他業種学生・研修生等を対象とした教育に携わる機会も多く、教育を通じた多くの学びの場が存在します。また、同時に総病床数 372 床と中規模のサイズの良さを持ち合わせ、当科と関連診療科は常に細やかな連携もっております。特に生産年齢人口の多い地域を反映し、当院の小児科は他院に比べ多彩で豊富な症例を有し、診療現場が隣接することから、充実した研修を受けることができます。


災害拠点病院である当院の高度救命救急センターや、同じ医療圏にある訪問診療施設と連携し、都市部の総合診療医に必要なスキルや知識を学ぶことができることが特徴の一つです。また、へき地拠点病院での 1 年間の研修によって多様な診療現場での医療を経験し、学ぶことができます。本研修 PG では、院内各専門科の医師やコメディカルスタッフ、 周辺の各地域医療機関の協力のもと、様々な医療現場で、細やかなフィードバックを受けながら研修できる環境を整えていることも特徴です。

​日本医科大学武蔵小杉病院
内科専門医研修プログラム

本プログラムは、神奈川県の日本医科大学武蔵小杉病院を基幹施設として、基幹病院の属する 川崎南部医療圏・近隣医療圏および関東近県にある連携施設群により内科専門医の育成を行う ものです。内科専門研修終了時には連携施設群の所属する各医療圏の医療事情を理解し、地域 の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練されます。内科専門医としての基本的臨 床能力獲得後はさらに高度な総合内科のGeneralityを獲得する場合や内科領域 Subspecialty専門医への道を歩む場合を想定して、複数のコース別に研修を行います。

Doctor with Files